2019年9月6日

単結晶製造 るつぼ使わず超高純度 アドバンスト・キー・テクノロジー研究所が開発

アドバンスト・キー・テクノロジー研究所(東京都小金井市、阿久津伸社長)は、るつぼを使わない独自の超高純度単結晶製造技術の開発を進めている。酸化ガリウムやシリコンといった機能性材料の単結晶を従来の生産方法と比べても高品位に造れるほか、少量多品種の生産も可能になるとしている。研究レベルの技術は確立しており、実用化に向けて需要家などとの連携に本腰を入れる方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)