2019年9月17日

鉛蓄電池 産業用の需要回復

 産業用鉛蓄電池の国内需要が回復してきた。経済産業省がこのほど発表した生産動態統計確報によると、主に産業用を示す「その他の鉛蓄電池」の7月生産は前年同月比12・3%増、販売は10・5%増とともに2桁増となった。生産量(鉛容量)は3年4カ月ぶりの高水準に達し、およそ1年半続いた需要低調からようやく上向いてきたが、回復は一時的とみる向きもあるようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)