2020年8月20日

鉛蓄電池 生産底離れも明暗

 鉛蓄電池の需要回復において、自動車用と産業用で明暗が分かれている。経済産業省がこのほど発表した生産動態統計確報によると、6月生産(鉛容量)は自動車用の前年同月比21・9%減に対し、産業用を含むその他電池は2・1%減まで戻った。5月の記録的な需要陥没からは底離れしたものの、新型コロナウイルス前からの自動車用の需要低調は続いた。

おすすめ記事(一部広告含む)