2019年9月20日

三菱マテ 不純物対応力を強化

 三菱マテリアルは不純物の少ない銅精鉱の確保と、廃電子基板などのEスクラップの増処理を並行する。直島製錬所(香川県)でEスクラップの処理量を近年増やし、鉄、錫などの不純物による工程への負荷が高まった。直島を含むグループ製錬拠点で不純物の分離・回収体制を整える。併せてクリーン鉱の供給源として、ペルーのサフラナル銅鉱山開発プロジェクトに取り組む。

おすすめ記事(一部広告含む)