2019年10月1日

UACJ 構造改革で210億円改善へ

 UACJは30日、国内生産拠点の集約による稼働率の向上や海外拠点の大型投資による収益化などにより、2022年度に210億円の収益改善効果を見込む事業構造改革を発表した。拠点集約による損益分岐点の引き下げや大型投資の収益化、不採算分野やノンコア分野からの撤退などにより稼ぐ力の向上を図る。営業キャッシュフローの向上や投資削減、棚卸資産の圧縮による財務体質の改善、マネジメント体制や仕組みの強化、構造改革本部の立ち上げによる経営のスピードと質の向上も目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)