2019年7月29日

UACJ アルミ板採算改善を加速

 UACJは本年度(2019年度)下期からアルミ板製品の採算改善に向けた取り組みを強化する。主力の缶材のうち、国内顧客向けについて10月出荷分から加工賃(ロールマージン)を10%引き上げる考え。またその他のひも付き品(UACJと最終ユーザーが直接価格交渉をして取引する製品)のうち、昨年から価格是正の交渉をしているものの決着していなかったり棚上げになっている分について、改めて是正に本腰を入れる。輸送費や副資材費などが昨年から高止まりし、採算改善の必要性が高まっている。取り組みを強化し、利益の底上げを図る。

おすすめ記事(一部広告含む)