2019年10月24日

チリ暴動 日系銅資源事業に影響

 チリで先週18日から暴動が続く事態を受けて、同国に事業拠点を構える日本の銅製錬各社は、社員の安全確保や現地情報の収集に動いている。首都のサンティアゴにとどまらない広範な地域で、駐在員の自宅待機、出資銅鉱山での時短勤務など、影響が広がり始めている。各社とも駐在員、家族、出張者の無事は確認済み。

おすすめ記事(一部広告含む)