2019年11月1日

フジクラ 4ー9月期減収減益

 フジクラは31日、2019年4―9月期連結決算を発表し、売上高は前年同期比5・5%減の3434億9900万円、営業利益は同59・6%減の57億7300万円と減収減益となった。中国を中心に光関連製品の競争が激化。また、スマートフォン向けFPC(フレキシブルプリント配線板)の需要停滞などが影響した。この結果を受け、通期業績予想を売上高6800億円、営業利益155億円と下方修正した。

おすすめ記事(一部広告含む)