2019年12月11日

東洋鋼鈑 無電解めっき樹脂開発

東洋製缶グループホールディングス子会社の東洋鋼鈑(本社=東京都品川区、田辺敏幸社長)は、粗化処理していない樹脂への無電解めっき技術の開発を進める。金属・樹脂の複合材は密着強度を維持するため表面に一定の凹凸を付ける粗化処理が必要だが、同社は高分子化学を駆使して粗化処理なしでプリント回路基板などに求められる水準の密着強度を実現。フレキシブルプリント基板(FPC)や電磁波シールドなど、さまざまな用途での採用を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)