2020年2月10日

JX金属 車載LiB正極材リサイクル稼働

 JX金属は7日、車載用リチウムイオン電池(LiB)の正極材を再び電池材料としてリサイクルするための試験装置が日立事業所(茨城県)で稼働を始めたと発表した。使用済みLiBの正極材に含まれるリチウムとコバルト、ニッケルを電池材に使用できる高品位で回収する。将来的な車載用LiBの発生増を見据え、電池から電池に再生する「クローズド・リサイクル」の量産技術確立を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)