2018年6月8日

JX金属、銅ペースト事業に参入

 JX金属は7日、太陽電池パネルや電子機器の配線材料に使われる銅ペースト事業に参画すると発表した。東北大学発のベンチャー企業で高い銅ペースト技術を持つマテリアル・コンセプト(本社=仙台市青葉区、小池美穂社長、MC社)の株式の21・2%を6日付で取得した。従来の銀ペーストより安価な配線材料として需要が見込まれ、電磁波シールド用の銅ペーストを手掛けるグループのタツタ電線の設備などを活用して量産につなげる。

おすすめ記事(一部広告含む)