2020年2月27日

桃陽電線 関東で被覆銅管コイル生産

 配管機材メーカーの桃陽電線(本社=大阪市天王寺区、奥田康信社長)はこのほど、さいたま工場(さいたま市岩槻区)において空調用被覆銅管のコイル製品の生産ラインを立ち上げた。2018年の直管製品に続く新ラインで、これにより東西でコイル・直管を供給できる体制が整った。高騰する物流コストを抑えることが目的で、今後は東日本エリアで幅広く顧客開拓に努める方針。

おすすめ記事(一部広告含む)