2020年3月17日

新興化学工業 LiB負極チタン酸リチウム開発

 レアメタル化合物メーカーの新興化学工業(本社=大阪市中央区、西田和彦社長)はこのほど、リチウムイオン電池(LiB)負極材用のチタン酸リチウム(LTO)を開発し、生産を開始した。粒子が密集して形成されているため、電極に加工するスラリー(泥状流動体)の製作が容易。堺臨海工場(堺市西区)では昨年から量産設備を立ち上げている。

おすすめ記事(一部広告含む)