2020年4月15日

国内金価格 40年ぶり最高値

国内の金地金価格が40年ぶりに最高値を更新した。田中貴金属工業では、14日時点の税込小売価格が前日比グラム69円高の6582円と、これまでの最高値だった1980年の6495円を上回る。新型コロナウイルスの感染拡大による景気の先行き不透明感や、世界的な金融緩和による低金利などが、金価格を押し上げている。

おすすめ記事(一部広告含む)