2020年7月6日

7―9月アルミ新地金 対日プレミアム一部79ドルで決着

 7―9月期のアルミニウム新地金対日プレミアム(割増金)交渉は、前四半期より約4%安い一部トン79ドルで決着したもよう。弱い国内需要を映した。一方で、他アジア地域に比べ、すでにプレミアムには割安感が生じていたこともあり、下げ幅は限定的だったといえる。下落は4四半期連続で、2016年10―12月期に付けた75ドル以来の安値水準となる。

おすすめ記事(一部広告含む)