2020年8月5日

丸紅 センチネラ地区、銅鉱山拡張を推進

丸紅はチリのセンチネラ地区の銅鉱山拡張を推進する方針だ。英アントファガスタとともに3000億円規模となる大型投資の設備などを見直し、開発費用削減の可能性を探っている。コロナ禍で作業は3カ月程度遅れるものの、2022年初の開発意思決定を想定している。デジタル化、EV化、新興国の発展などで銅需要拡大が見込まれる中、選鉱ライン増設で年産15万トンの増産につながる大型投資を進め、24年ごろの生産開始を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)