2020年12月3日

VVFなど 銅価急伸で駆け込み

電力ケーブルや雑線で駆け込み需要が生じている。海外銅相場が騰勢を強め、国内建値は月初はトン2万円続伸して83万円に改定。建値前月平均が販価の指標とされるVVF(ビニル絶縁ビニルシース平形ケーブル)などは、足元で銅建値5万円以上の銅価相当の先高観が生じたことになり、先週からメーカーに対する注文が増えており、年明けの荷動きブレーキを懸念して受注制限を検討するメーカーもあるようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)