2020年4月17日

VVF需要減 下値不安残る

 建設用汎用電線市況の軟化への懸念が高まっている。屋内配線用電力ケーブルのVVF(ビニル絶縁ビニルシース平形ケーブル)1・6ミリ2心サイズの販売価格は前月比でメートル当たり2円程度下げ、31円前後で推移している。今後、販売価格の指標となる銅建値や副資材のナフサが下落するとともに、製品需要が落ち込みが予想される中、採算を確保するための重要な局面を迎える。

おすすめ記事(一部広告含む)