2020年12月17日

三菱マテ 通期最終損益ゼロへ

三菱マテリアルは16日、2021年3月期の最終連結損益予想を前回9月公表の損失200億円からゼロに見直すと発表した。同日発表の20年4―9月期決算が予想値から上振れたのに加えて、銅加工品や電子材料、超硬製品の増販や金属価格の上昇が収益改善に寄与する。さらに政策保有株式の縮減を進めることで特別利益が増え、最終赤字が解消される見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)