2020年8月11日

住友鉱山、通期39%減益480億円

 住友金属鉱山は7日、2021年3月期通期の連結業績予想(国際会計基準)を公表し、税引き前利益を前年度比39%減の480億円と置いた。これまで未定としていた。同日発表の20年4―6月期の税引き前利益は前年同期比80%減の35億円で、銅価下落が特に響いた。電池材料を含む材料事業は赤字だった。

おすすめ記事(一部広告含む)