2020年12月18日

大紀アルミ 越合弁、新体制で本稼働

大紀アルミニウム工業所が出資するベトナムの合弁会社・グエットミン2ダイキアルミニウム TSE(ヴィンフック省ビンスエン県、ラン・トラン社長、以下NMD)がこのほど、新体制の下で操業を始めた。現地会社の副社長に大紀アルミの蔦本泰宏副参事が就任し増産を本格化しており、来年4―6月に月産1800トン、将来的には3500―3800トンを目指す。製品はベトナム国内のほか日本や中国、ASEANなどに販売する。

おすすめ記事(一部広告含む)