2020年12月24日

因幡電機産業 被覆銅管20%値上げ

 因幡電機産業はこのほど、空調用被覆銅管の販売価格の20%程度の値上げを発表した。主原材料の銅地金価格が高騰し、大幅なコストアップを企業努力によって吸収することが困難になったためで、来年2月22日出荷分からコイル・直管の全製品を対象に価格改定を行う。値上げは2019年10月以来のこと。

おすすめ記事(一部広告含む)