2020年12月28日

住友鉱山 デジタル活用を全社推進

住友金属鉱山は生産現場でのデジタル技術活用を全社的に推し進める。菱刈金鉱山(鹿児島県)で通信インフラを整備し、坑内を走る重機を遠隔監視する計画を検討中。製錬の拠点ではモバイル機器を活用した設備管理のトライアルを行う。電池材料の工場では操業の最適条件を探るための各種データ収集を始めた。

おすすめ記事(一部広告含む)