2021年1月12日

三協立山 独ボンの鋳造工場閉鎖

三協立山は8日、アルミ押出生産などを行う欧州子会社STEP―Gを2023年5月期に黒字化する改革案を発表した。22年5月期までに独ボンの鋳造工場を閉鎖し、固定費削減で約5億円の改善効果を見込む。23年5月期までにEV(電気自動車)向け製品の高付加価値化による販売増や自動車向け製品の比率を高める施策などにより8億円の改善効果も期待する。ラインや拠点集約・再配置も実施し、生産性の改善と費用の適正化も進める。

おすすめ記事(一部広告含む)