2021年2月1日

東邦チタ 4―12月営業減益

東邦チタニウムが29日に発表した2020年4―12月期連結決算は、売上高が前年同期比23・5%減の257億2800万円、営業利益は15・6%減の21億9900万円だった。主力の金属チタン事業は航空機向けでスポンジチタンの需要が落ち込み、減収減益となった。触媒事業は前年並み、ニッケル粉を手掛ける化学品事業は通信関連用途が堅調で前年同期を上回った。

おすすめ記事(一部広告含む)