2022年4月4日

東邦チタ チタン国内販価15%上げ

東邦チタニウムは、スポンジチタンやチタンインゴットの2022年度(22年4月―23年3月)の国内展伸材向け販売価格が、1年未満の適用期間において昨年度比15%前後の値上げで決着した。原料のチタン鉱石のスポット価格上昇や物流コストの転嫁要請が販価に反映された。今後の交渉方針は外部調達コストの販価への反映と適用期間の短縮を求める方針。原材料や船賃の高騰、急激な円安進行などが収益を圧迫しており、コストの上昇分を短期間で販価に映せる体制を推進する考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)