2021年2月1日

大同特殊鋼 4―12月、黒字に改善 経常利益、前年比80%減

大同特殊鋼が29日発表した2020年4―12月期の連結決算は、売上高が前年同期比23・1%の減収。収益面でも経常利益が同80・8%減などと各段階で減益となったが、第1、第2四半期の損失計上から各段階で黒字に改善した。主要需要先である自動車の生産が新型コロナウイルス禍による減少から、第1四半期を底に回復してきたことなどが業績改善につながった。

おすすめ記事(一部広告含む)