2021年2月16日

貴金属5社 4―12月期2社増益

貴金属事業を手掛ける松田産業、アサヒホールディングス、中外鉱業の2020年4―12月期決算(アサヒHDは国際会計基準)と、アサカ理研の10―12月期決算、フルヤ金属の7―12月期決算は、4―12月期決算3社がそろって増収し、松田産業とアサヒHDは増益、中外鉱業は黒字転換となった。金などの貴金属価格の上昇が増収増益に寄与した。第1四半期決算のアサカ理研は貴金属事業が減益したが、環境事業が黒字化して全体では大幅な増益。中間決算のフルヤ金属は電子材やセンサーが好調で増収増益を確保した。

おすすめ記事(一部広告含む)