2021年4月5日

アルミ二次合金 3月積み販価5―10円値上げ

 アルミ二次合金メーカーとダイカストメーカーなどの需要家筋との間で行われていた3月積み小口向けアルミ二次合金価格交渉(単月、後決め)は前月比キロ5―10円、平均で8円の値上げとなったもよう。需給が引き締まり4月積み以降に関しても強含み気配が濃厚となっているが、半導体不足の影響が広がれば需要にも影響を与える可能性が強く、動向を注視する姿勢が強まっている。

おすすめ記事(一部広告含む)