2021年4月8日

マーケットを読む 21年度上期市況見通し(4) 銅

銅 7000―9000ドル中心で頭重い 三菱マテリアル 金属事業カンパニー製錬事業部営業部副部長兼銅課長 高梨友宏氏

 4―9月期のLME銅3カ月先物はトン7000―9000ドル中心で頭の重い展開と予想する。コロナ禍からの経済回復期待により景気循環型商品の銅は買われやすくはあるが、米国の大型財政出動や長期金利上昇は米ドル高を進ませ、商品全般の上値を重くしそうだ。3月下旬から米投資ファンド絡みの巨額損失報道が続いたことも、金融市場全体のリスク回避の動きを強めてドル高に拍車をかける可能性がある。

おすすめ記事(一部広告含む)