2021年4月5日

マーケットを読む 21年度上期市況見通し(2) マクロ経済見通し マーケット・リスク・アドバイザリー代表取締役 新村 直弘氏 輸送制限が価格上昇圧力

――上半期の世界景気をどうみる。

「上半期の景気については良いとみている。夏ころにかけ、ゆっくりとした回復基調になるだろう。コロナワクチン接種が進むことに加え、大規模な財政出動が行われているためだ。一方で、景気が過熱し過ぎても不思議ではない。すでに財政出動の総額はかなりの規模に膨らんでおり、金融緩和を止める見込みはなさそう。ワクチン接種が加速すれば、人の移動制限も解除される」

おすすめ記事(一部広告含む)