2021年5月6日

東洋製缶GHD アルミ缶で環境負荷低減

 東洋製缶グループホールディングスはアルミ缶による低炭素社会実現に向けた取り組みを進める。10月からはアルミ缶などのサプライチェーン全体の二酸化炭素(CO2)排出量を公表する。そのほかにも環境に配慮した製缶システムやより軽量な缶の開発も進め、顧客の環境ニーズに対応する。

おすすめ記事(一部広告含む)