2021年6月2日

東洋アルミ 窒化アルミ粉末販売好調

東洋アルミニウム(本社=大阪市、楠本薫社長)はパウダー・ペースト事業で放熱性に優れた機能性材料である窒化アルミ(AlN)粉末「TFZシリーズ」の販売が好調だ。粉末の粒径を粗く作れることが特長で、熱伝導率の向上に寄与する。熱を発する基板などの放熱部材である放熱グリース・シートなどで引き合いが強まっている。粒度分布をコントロールでき、顧客にとって使い勝手のいい製品を提供する。焼結体向けの窒化アルミ粉末も自動車や高出力照明のLED(発光ダイオード)向けで堅調。大容量通信などで高まる熱対策ニーズに技術力で対応する構えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)