2021年6月11日

チタンスクラップ 国内発生低迷で品枯れ 集荷巡り輸出と競合も

チタンスクラップの国内発生が低迷している。航空機関連産業のチタン展伸材加工が落ち込み、米国向けのスクラップリターンが止まっているものの、市中に現物が蓄積されない状況が続く。その上、集荷を巡ってはアジア向け輸出筋との競合も表面化してきた。コロナ禍では荷余りを起こしていたチタンスクラップだったが、ここ半年で市況は品枯れへと一変した。

おすすめ記事(一部広告含む)