2021年8月4日

チタン原料輸出 19年水準を回復

チタン原料の輸出回復が本格化してきた。財務省がこのほど発表した貿易統計速報によると、スポンジチタンを主とする「チタン塊・粉その他」の6月輸出は前年同月比98・9%増の2759トンとなり、2019年水準に戻った。米国向け輸出は横ばいだったが、中国向けが941トンと増加。航空機関連向けがほとんどを占めていたスポンジチタンの輸出構成は大きく変化している。

おすすめ記事(一部広告含む)