2021年8月19日

はんだ単価 錫相場反映6000円視野に

 はんだの単価が急上昇している。経済産業省がこのほど発表した生産動態統計確報によると、6月の国内販売量はコロナ禍で落ち込んだ前年同月から26・6%増えて1477トン。出荷金額から換算したキロ当たりの販売単価は前月比321円高の5592円となり、4カ月で1000円以上アップした。錫相場急伸が背景にあり、6000円も視野に入ってきた。

おすすめ記事(一部広告含む)