2021年8月30日

アルミ圧延品 出荷6カ月連続増加

アルミ圧延品の出荷は引き続き自動車や電子関連などで前年を大幅に上回る。日本アルミニウム協会が27日に発表した7月のアルミ圧延品の生産・出荷動向によると、板・押出合計の出荷は6カ月連続で増加した。板は自動車向けのほか、半導体製造装置向け厚板も増えた。一方で缶材は需要調整により減少した。箔はリチウムイオン電池(LiB)やコンデンサーといった電気機械器具向けが増えた。





おすすめ記事(一部広告含む)