2021年8月31日

徳力本店 銀ナノ粉末製品を提案

 貴金属地金や工業用貴金属製品を手掛ける徳力本店(本社=東京都千代田区、山口純社長)は、電子材料向け銀ナノ粉末製品「AgNP」を提案する。ナノサイズの銀粉末にテルピネオールなどの化学薬品を加えたスラリー状の製品で、導電性を向上させる。焼結温度が低く、AgNP単体での100度焼成では比抵抗値10マイクロオームセンチ以下を実現。銀が有する高い放熱性も特長だ。ペーストメーカーへの引き合いが多いが、接合材料など用途は幅広い。第5世代通信規格(5G)や電気自動車(EV)など、ハイエンド向けでの採用拡大を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)