2021年4月26日

松田産業 金蒸着材「MNS」を提案

松田産業は低突沸の金蒸着材「MNS」を提案する。蒸着材中に存在するガス成分の介在物を徹底的に除いて高純度化し、溶解時の突沸を抑制。不良品の発生を減らし、歩留まりや金使用量の低減に貢献する。加工を要するペレット形状の蒸着材で、同製品と同等の品質のものはないという。既にLED(発光ダイオード)などの化合物半導体やパワー半導体、SAW(表面弾性波)フィルターなどの電子部品向けにサンプル出荷を行っており、ハイエンド用途での採用拡大に努める。

おすすめ記事(一部広告含む)