2021年10月1日

UACJ押出加工 押出製品加工賃アップ

UACJのグループ会社でアルミ押出製品を手掛けるUACJ押出加工(本社=東京都中央区、新堀勝康社長)は12月1日出荷分から国内顧客向けのアルミ押出製品全般のロールマージン(加工賃)を10―20%引き上げる。値上げ分の収益は今月から加工賃を引き上げる板製品と同様、環境投資や事業基盤の強化、リサイクル性の高い新製品の開発投資に向けられる。押出製品の改定は約7年ぶりとなる。

おすすめ記事(一部広告含む)