2021年10月27日

三菱マテ Eスクラップ デジタルで集荷強化

三菱マテリアルは26日、廃基板などのいわゆる「Eスクラップ」の集荷にデジタル技術を活用すると発表した。Eスクラップビジネスのプラットフォーム「MEX」をこのほど開発し、12月20日から運用を始める。これまで取引がない事業者からもプラットフォームを通じてEスクラップを直接購入できるようにし、集荷力を高めるのが狙い。2030年までにEスクラップ処理量を25%増の20万トンまで引き上げる。





おすすめ記事(一部広告含む)