2021年11月2日

北信越の海外系ヤード 迫られる業態転換

北信越地区の海外系ヤード業者の一部が業態転換を迫られている。これまで持ち込み中心で原料集荷してきたヤード業者は今年夏以降に取り扱い量の減少に直面する。新規参入の増加やヤードの拡張などで集荷競争が激しくなっており、生き残りをかけてこれまで控えてきた引き取り対応を本格的に検討し始めた。






おすすめ記事(一部広告含む)