2021年12月7日

タンガロイ 超硬工具の生産能力25%増強

 超硬工具大手メーカーのタンガロイ(本社=福島県いわき市、木下聡社長)は本社工場に新棟を新設し、超硬工具製品の生産能力を現行比25%程度引き上げる。新工場は中間材料を製造するラインで、9月に着工し2022年9月の竣工を予定する。延べ床面積は約5000平方メートル、投資額は数十億円という。欧米や中国、インドなど海外からの旺盛な需要への対応や、余剰能力の確保が狙い。工場はロボットなどを積極的に取り入れ自動化を推し進める。さらに大きな地震でも操業を継続できる工場建物とする方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)