2022年1月20日

マグネ相場本年予測 再び1万ドル超えも

 非鉄金属専門商社タックトレーディング(本社=東京都八王子、上島隆社長)は、今年のマグネシウム相場はボラティリティー(価格変動)が高まりやすいと予測している。中国の環境規制や脱炭素、石炭マグネコンビナートへの生産削減が、どの程度実行されるかが焦点になりそうだ。緩い規制であれば相場は下がりやすくなるが、厳しければ再びトン1万ドル以上の高値もあり得る。

おすすめ記事(一部広告含む)