2014年10月31日

銅相場、15年変動大 パンパシフィック・カッパー予測

日本産銅最大手のパンパシフィック・カッパー(PPC)は、2015暦年の銅市況を「ボラティリティー(価格変動)が大きくなる」(村尾洋介・営業部銅担当部長)と観測する。銅地金の供給余剰幅が市場の想定ほど広がらないとみており、需給ほぼ均衡の状況下、現物の流動性が低下し国際相場、スポットプレミアム(割増金)ともに振れが大きくなると予想する。

おすすめ記事(一部広告含む)