2022年1月20日

リチウム金属二次電池 ホンダ、米社と共同開発

 ホンダは19日、電気自動車(EV)用バッテリーの研究開発を手掛ける米SES・ホールディングスと先月リチウム金属二次電池に関する共同開発契約を締結したと発表した。リチウム金属二次電池は負極にリチウム金属を用いることで、通常のリチウムイオン電池より高いエネルギー密度が期待できる電池。同社は次世代バッテリーにおいて独自開発する全固体電池など複数の選択肢を検討しており、今回の共同開発契約はその一環だ。安全で高い耐久性を持つ大容量のEV用次世代バッテリーの実現のため共同研究を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)