2022年3月31日

大阪チタニウム スポンジ国内販価30%上げ

 大阪チタニウムテクノロジーズは2022年度(22年4月―23年3月)積みの国内展伸材向けスポンジチタン販売価格を前年度から30%引き上げる方針だ。チタン鉱石のスポット価格が続騰し、カルサインコークスやマグネシウムなどの副資材、電力や輸送コストが軒並み上昇し、安定供給のために販売価格への転嫁が不可欠となった。4月から展伸材メーカーとの交渉を始め、5月中の早期決着を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)