2022年4月11日

古河電工 コルソン銅絞り加工材を22年度市場投入

古河電気工業は、コルソン銅を使った新たな絞り加工材「EFHDシリーズ」を2022年度中に市場投入する。これまでコルソン銅では対応できなかった高度な絞り加工を可能にしたもので、高い熱伝導率も両立できることからシールド材などでの採用を見込む。加えて、ニッケルや錫などを添加した新たな抵抗材用銅合金の開発にも取り組む。従来製品で培った抵抗値を制御するための独自技術を活用。製品群を拡充することで、抵抗材でのシェアを更に拡大する考えだ。





おすすめ記事(一部広告含む)