2022年4月26日

資源燃料分科会 調達多角化の方向など議論

 経済産業省の総合資源エネルギー調査会は25日、第34回資源・燃料分科会(会長=隅修三・東京海上日動火災保険相談役)を開き、エネルギー・鉱物資源調達の多角化に向けた政策の方向性などを議論した。需要拡大が見込まれるレアメタルについては、海外権益確保に対するリスクマネー供給などの支援に加え、政府主導で長期需給予測調査を実施する方針も確認した。

おすすめ記事(一部広告含む)