2022年5月9日

関西伸銅工業 加工賃平均28%上げ

 黄銅素管メーカーの関西伸銅工業(本社=大阪府羽曳野市、市原正樹社長)は、6月出荷分から黄銅管製品の加工賃(ロールマージン)を、平均で従来比28%値上げする。世界的な資源価格高騰によるエネルギーコストの上昇や人手不足に伴う人件費や副資材価格の高騰などを受けたもの。
おすすめ記事(一部広告含む)